つちをたがやすかぜのひと。かぜをうみだすつちのひと。

Would you like to peep my life??? ------- ------ 気づいたコトや考えゴトを置いて〼。写真と言葉もアリ〼。

資本主義卒業試験

資本主義卒業試験 - 山田玲司

面白かった。サクサク読めた。

資本主義卒業試験ってタイトルだけど、別に試験の模範解答はなかったかな。

どこまで行けば幸せになれるんだろうか?って疑問が中心にある。

頑張ってお金を儲けても、もっと上昇し続けないと、安心にはならない。

それに疲れて、フッとした時に現実を見て、目が覚めたのか現状が見えてくる。

自分のがんばりには犠牲になってる人がいるトカ。

搾取するひとがいて、それに気づかないようにしていないと今の自分を肯定できない。そうなってがんじがらめになるならば、ずっと夢を見たままでいいのかもしれない。

 

知ってしまうってことは、本当に取り返しがつかないことなんだな。

知って、気づいてしまったその瞬間から、もう元に戻ることはできない。

進路指導のシーンが出てくるんだけど、そこは印象的だな。

「どうしていい大学に行くのか?」

「どうしていい高校へ行くのか?」

中学や高校での三者面談。

大学では進路指導ってあったっけ?

「どうしていい会社へ行くのか?」

なんで?どうして?を忘れた先に幸せがあるのか。

それとも。。。。